第8回プランタン・ドゥ・シャトーヌフ・デュ・パップ

2017/04/08

第8回プランタン・ドゥ・シャトーヌフ・デュ・パップ

2017年4月8日から10日にかけて第8回プランタン・ドゥ・シャトーヌフ・デュ・パップが開催され、過去最高となる5000名以上の入場者数を記録しました。

アペラシォンの90のドメーヌがこの週末、彼らのワインの試飲販売のため一堂に集まりました。プランタン・ドゥ・シャトーヌフ・デュ・パップは、地元の若手生産者達のアソシエーション(CCJA)によって始められた毎年4月初めに開かれる試飲販売会ですが、今ではローヌワイン愛好家達にとって欠かせないサロンとなりました。

平行してテーマ別にアトリエも開催され、ワイン業界でも名の知れたシャトーヌフの専門家による講義は、愛好家やプロにとってもワインの知識を深めることのできる興味深いものでした。

  • 伝説的な2007年ヴィンテージについての2つのアトリエ
  • シャトーヌフ・デュ・パップとチョコレートのグルマンな出会い - ショコラトゥリ・カステランのローランス・カステラン氏によるワインとチョコレートのマリアージュとダニエル・レイノー氏のコメント
  • レストラン・ラ・ターブル・ドゥ・ソルグのシェフ、ジョン・ポール・ルクロック氏提案のメニューを基にしたシャトーヌフ・デュ・パップのワインと料理のインスピレーション。

今年はイル・ドゥ・ボテと呼ばれるコルシカ島のクリュであるAOC Corse, AOC Patrimonio, AOC Porto-Vecchio, AOC Ajaccioから7ドメーヌが招待されました。

《シャトーヌフ・デュ・パップ、クリュ、時の流れと共に》と題して、アペラシォンの80年間を振り返るエクスポも設置され、このクリュが国際的な名声を得るまでに至るエピソードやこの地域のテロワールや歴史について触れていました。

月曜午前中はプロ向け試飲会となり、会場にはフランス国内外から300人ものワイン屋、ソムリエ、レストラン、インポーターたちが集まり、生産者達に会い、シャトーヌフ・デュ・パップの新ヴィンテージを試飲していきました。

それではまた来年2018年4月に会いましょう!

  • 第8回プランタン・ドゥ・シャトーヌフ・デュ・パップ
  • 第8回プランタン・ドゥ・シャトーヌフ・デュ・パップ
  • 第8回プランタン・ドゥ・シャトーヌフ・デュ・パップ
  • 第8回プランタン・ドゥ・シャトーヌフ・デュ・パップ
  • 第8回プランタン・ドゥ・シャトーヌフ・デュ・パップ
  • 第8回プランタン・ドゥ・シャトーヌフ・デュ・パップ
  • 第8回プランタン・ドゥ・シャトーヌフ・デュ・パップ
  • 第8回プランタン・ドゥ・シャトーヌフ・デュ・パップ